top of page
  • 執筆者の写真GIGI_mtk

昔話し...

懐かしい光景を再び・・・

現在現場が進んでいる古民家再生のための部材を製材するために、先日近くの製材屋さんのところに仲間と行ってきました。

近くに山がありそのふもとのこの辺りでは、伐採された原木が山麓で製材され、それぞれの現場へと流れていく光景が当たり前だったのです。しかし、今ではそれが特別な光景となってきました。まるで昔話の中の出来事のように…


私が住んでいたところ(生まれは青森県)にも製材所があり、小学校に上る前よくそこで遊んだものでした。

おがくずにまみれたり、木っ端で積木や車に見立てて転がして遊んだり。

またおがくずの山の中には、カブトムシやクワガタの幼虫がわんさかいて、遊びに尽きることはなかった記憶があります。


しかし、現在私が住んでいる近くの製材所は、残念ながら1、2軒になってしまったと聞きます。需要と供給のバランスや時代の流れなのでしょうか…


現代では、木造住宅を建てる際には、一般的に大手製材メーカーや材木会社からプレカット加工工場に材料が持ち込まれ、迅速に現場に届けられるのが一般的です。必要な部材のみ工務店や大工さんが加工し、現場に運ぶ形が主流となっています。そのため、地元の製材所の存在は自然に減少していくものなのでしょうね。

個人的にはとても悲しい現象です。


そこで私たちは、今回の筑北の古民家再生プロジェクトにおいて、一部に昔ながらのストーリーを加えることを考えました。長い間眠っていた倉庫の中に置き忘れられた木材に新たな息吹を吹き込み、職人の手によって削り出された木材を適切な場所で使っていくのです。


手仕事の温かみを感じるものづくりを通じて、そして地元の木材を活用する「地産地消」の理念を実現することで、より豊かな「暮らしの在り方」を提供できると信じています。


By GIGI


To source materials for the ongoing restoration of the traditional Japanese farmhouse "Kominka", our team recently visited a nearby sawmill. In this mountainous area, it used to be a common sight to see felled trees being processed into lumber in the foothills and transported to various construction sites. Now, however, such scenes have become extraordinary, almost reminiscent of tales from the past.


Even where I grew up (born in Aomori Prefecture), there was a sawmill where I used to play before going to elementary school. I would get covered in sawdust, play with wood scraps as makeshift blocks or cars, and have endless fun exploring the piles of sawdust, discovering countless beetle larvae.


Sadly, I've heard that the sawmills near where I currently live have dwindled to just one or two. This may be due to the balance of supply and demand, or changing times...


In modern times, it has become common practice for timber houses to be built using materials delivered to pre-cut processing facilities by large timber manufacturers and timber companies. These processed materials are then quickly transported to the building sites. Only certain components that can't be pre-cut are handled by local builders and carpenters. This has led to a natural decline in the presence of local sawmills, a phenomenon that saddens me personally.


That's why, in our current Chikuhoku "Kominka" restoration project, we have considered incorporating elements of the past. We are breathing new life into long-forgotten wood that has been lying in storage, shaping it with the hands of skilled craftsmen and using it in appropriate places.


Through the warmth of craftsmanship and the realisation of the concept of "local production for local consumption" by using local timber, we believe we can offer a more enriching way of life.

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page